失語症

失語症

【論文紹介】拡散テンソル画像について

今回は拡散テンソル画像について紹介します。簡単に拡散テンソル画像の原理や関連する用語について説明し、言語機能に関連する論文を紹介します。
失語症

【失語症訓練】RISPについて考える

今回は失語症の訓練方法の一つであるRISPです。RISPを知ることで呼称する際の速度について考えることができます。SFAとPCAに続き失語症訓練のヒントになると思います。
失語症

【失語症訓練】PCAについて考える

今回はPCAについてです。前回のSFAに似ていますが、意味構造と音韻構造の差があります。国内の論文が少ないので、海外の論文を参考にしてまとめています。失語症の訓練方法を知る機会になると思います。
失語症

【失語症訓練】SFAについて考える

今回はSFAについてです。呼称の成績が改善するといわれており、近年報告が増えていおり、第21回言語聴覚学会のシンポジウムでも取り上げられていたので注目が集まっている方法です。論文を参考にして臨床での運用方法を考えました。
失語症

【訓練方法】全体構造法について考える

失語症のリハビリテーションには様々な方法がありますよね。今回は全体構造法(JIST)についての論文を紹介します。僕自身初級講習を二回以上参加しています、学会にも参加したことがあります。今回は、JISTについて僕の意見を書かせてもらいます。
失語症

【訓練方法】保続のリハビリテーションについて

保続のリハビリテーションについてTAPを参考に考えます。保続のリハビリは多くないので参考にするところは多いと思います。
失語症

失語症の認知神経心理学的モデルについて考える

失語症の認知神経心理学的モデルについて、ロゴジェンモデルと小嶋先生のモデルをもとに考えます。やはり一般的なことが多いのですが、もう一度見直すと新たな発見ができるかと思います。
失語症

保続について考える

保続について考えました。失語症臨床では言語性保続が訓練を複雑にしてしまう原因になることは少なくありません。今回も論文を参考に分類や発声機序を把握したうえで臨床でのかかわり方について考えていきたいと思います。
失語症

失語症と観念失行を考える

失語症と観念失行を考える 理解できていないのか、道具は使えないのか 言語聴覚士の臨床では、広範囲な病巣の場合には失語症と観念失行、観念運動失行の責任病巣を考えると理解と切り分けて考えるのが難しいこともありますね。 失行の...
失語症

文の聴覚的理解を考察する

文の聴覚的理解の時間的要素を考える 短文の理解について少し考察し要素をまとめたいと思います。 よく失語症患者のリハビリを行っていると、聴覚的理解のレベルについて話があがります。日常的なコミュニケーションの基本は音声言語であり、...
タイトルとURLをコピーしました